WordPress5.0アップデートでエディターが「Gutenberg」になったけど…とりあえず併用

Wordpress

WordPress5.0アップデートで、「Gutenberg(グーテンベルグ)」が標準エディターとして搭載されましたね。

バージョン4.9.8の頃からWordpress管理画面ダッシュボードに「Gutenbergを試す」と「旧エディターを試す」という表示があって、ちょこちょこ「Gutenberg」のことを調べてはいました。

「ビジュアルエディター」を進化させた…という感じですよね。
ワタシは、ビジュアルエディターよりテキストエディターの方が使いやすいと思ってる人なので、正直、面倒くさいなって思ってました。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

なので、「Gutenberg」を前もって試すこともなく…Wordpress5.0アップデート到来。(-。-;)

メジャーアップデートということで、色々と面倒くさくなるのかなと思ってましたが、アップデートしてみたら、現状、「Gutenberg」のみを使う設定もできるし、「旧エディター」のみを使う設定もできるし…併用も可能だし…

WordPress5.0アップデートしても、特に問題なしってとこでした。

以下、Wordpress5.0でのエディター設定をまとめます。

旧エディター「Classic Editor」をインストール

WordPress5.0アップデート前であれば、Wordpress管理画面ダッシュボードに「Gutenbergを試す」と「旧エディターを試す」のボタンが表示されているので、「旧エディターを試す」ボタンを押して、インストールします。

WordPress5.0アップデート後であれば、プラグイン検索で、「Classic Editor」を探して、インストールし有効化すればOKです。

エディターの基本設定

設定は下記から設定します。
WordPress管理画面>設定>投稿設定
投稿設定

Classic Editor・・・旧エディター
ブロックエディター・・・Gutenberg

さらに以下の「ユーザーにエディターの切り替えを許可します。」を設定することで「Gutenberg」のみ、「旧エディター」のみ、併用と任意の設定ができます。
投稿設定

「Gutenberg」と「旧エディター」を併用する設定

投稿設定
「ユーザーにエディターの切り替えを許可します。」で「はい」を選択すると、「すべてのユーザーのデフォルトエディター」でどのエディターを選んでも併用する設定になります。

上記設定をすると、投稿記事一覧での表示が以下のようになります。

投稿一覧表示

記事タイトル部分にマウスを置くと、以下の表示がされます。

投稿一覧表示

ブロックエディター、Classic Editor、任意のエディターで編集ができます。
記事作成画面からも、エディターの切り替えが可能です。

エディター切り替え

ここで気になるのが、「新規作成」では、どのエディターが開くかってところなんですが…
「すべてのユーザーのデフォルトエディター」で「Classic Editor」「ブロックエディター」をどちらを選択しても、新規作成は「旧エディター」画面でした。
「ブロックエディター」を選択すると新規では「Gutenberg」画面になると思ったんですけどね~。
「ユーザーにエディターの切り替えを許可します。」が「はい」だと「すべてのユーザーのデフォルトエディター」でどれを選んでも新規作成では「旧エディター」になる…ってことですね。

「Classic Editor」のみ、「ブロックエディター」のみの設定

投稿設定

上記の設定をすると、「投稿」画面でも「記事作成画面」でも切り替えの表示がされなくなります。
新規作成画面も「すべてのユーザーのデフォルトエディター」で選択したエディターになります。

「Gutenberg」か「旧エディター」か

「Gutenberg」についての紹介記事はいくつか読ませていただいているんですが…
正直、メリットがあまり頭に入ってこない状況です。(-。-;)
使いこなせたら便利そう…な機能は多々あるようなんですが…。

最近、やっと記事投稿までの流れが定着してきたところだったんですよね。

  1. Dynalsitで下書き>見出しにMarkdown「##」を記述
  2. ブラウザ拡張機能「ScribeFire」でリストタグ記述>見出しも再調整
  3. 「ScribeFire」で整形したHTMLをWordpressのテキストエディターに貼り付け
  4. ビジュアルエディターとテキストエディターを行ったり来たりしながら、記事を仕上げる

せっかく流れに慣れ落ち着いてきたところですが、旧エディタープラグイン「Classic Editor」のサポートは2021年まで。
いずれは、切り替えなきゃいけないんですよね。

でも、考えてみたらワタシが利用させていただいているテーマ「Cocoon」は「Gutenberg」に対応してるテーマなんですよね。

実はその辺がまだ理解できていない。(-。-;)

対応してるって事は、ブロックエディターでCocoonの文字装飾の拡張機能が使えるってことなんでしょうか。

と…まだまだわからないことだらけの「Gutenberg」。
いずれは切り替えることを念頭にちょこちょこと試していきます。

追記併用を考えていたのに、半日で心変わりしました…(汗)