Workflowyを使い倒そうと決意したのもつかの間、Dynalistに心変わり

昨日の記事は何だったの?(と、ツッコまれるのも覚悟の上で、、、)
あんなにWorkflowyの良さがわかったって興奮してたのに、、、
即効で心変わりをしてしまったけろら~です。(-。-;)

Workflowyがすごく快適になってきて、開くのが楽しみにはなっていたのですが、やっぱり気になるのはトピックの制限数。
なーんか、増えてきたなぁ。
このまま行くと月末どころか月の途中で制限数に達しそう。
そう思うと何かブレーキがかかった感じになってきてしまいました。
できるだけ無料ユーザーのままでいたい私は、何かいい方法はないかとウロウロとググり始めました。
そこで出会ったのがDynalistでした。

なんと、Dynalistは、
無料ユーザーでもトピック数に制限なし!!

とりあえず、試してみることにしたら、、、
もう私、Workflowyに戻れなくなってしまいました。(ご、ごめんよ~、Workflowy。)

昔、気になってた人に再会して、素朴で無骨なとこに好意を持ち始めていたけど、より見た目が良くて器用で心(容量)の広い人に出会ってしまった、、、。

そんな感じで、Dynalistに夢中になってしまいました。(^▽^;)

Dynalistに心が動いたポイント

無料ユーザーでも、トピックの制限数がない

これが一番のポイントです。
Workflowyで記事を書いてるとやっぱり気付かないうちに、トピック作成にブレーキかかってた気がするんですよね。
そのせいか、Evernoteでもついつい記事書いてみたり、、、。
でも、Dynalistで記事を書き始めたら、一つの場所に集中する事ができるせいか、かなり入力が進むようになりました。

見やすくするために工夫できる機能が、デフォルトで色々とついている

ショートカットキーで、日付をカレンダーからサクッと選んで表示できたり、見出しや色づけ、、、リストのチェックリスト化やナンバリング化もサクッとできちゃいます。
リンクもいろいろできそうだし、、、。
いやいや、これ、もう何にでも使えすぎてEvernoteの使い道が今より減ってしまいそうだわ、、、と思ってしまいました。(^▽^;)

ユーザーへの気配りが感じられる作り

Dynalistのデフォルトの画面って3カラムなんです。
左サイドバーは、ファイルメニューです。
Workflowyはアウトライン一つのみですが、Dynalistはファイルとしていくつも増やせます。
(なんと、フォルダも作れます。)
真ん中メインのアウトラインになっていて右サイドバーは、ヘルプが表示されてます。
(非表示にもできます。)
この画面にちょっとしたユーザーへの気遣いを感じるんですよね。

「たくさん、機能があるよ~。でも、いっぱいあって覚えるの大変だろうから、右サイドバーにヘルプをつけて、見ながら作業できるようにしておくね~。」

みたいな感じなんだろうなぁと勝手に解釈しております。(^^)

多機能だけど、使い方はシンプルに

多機能だと色々使い方を考えたくなっちゃいますけど、今のところ使い方はシンプルに、あれこれ考えないようにしてます。
フォルダもまだ作ってません。
ファイルは、Workflowyみたいに「アウトラインは一つ」としようかと考えていましたが、記事の下書きだけは分けてみました。

・Blog
記事の下書きとブログの設定でやりたい事と今後やりたい事とか。
設定や今後やりたい事のメモは、記事ネタにもなりそうなので一緒にしてます。
・Inbox
上記以外は全部一つにしてます。

Dynalistって、ググっても記事にされてる方って少ないんですよね。
iPhoneアプリがまだないからかなぁ。
Android版はもう出てるみたいですね~、いいなぁ。
でも、iPhone版も近々リリースされるようなんですよね。
今か、今かとすごく楽しみにしてます♪
ユーザーさんももっと増えるといいなぁ。(*´∇`*)

Dynalistの紹介リンク
Workflowyのように、登録された方にも恩恵がある紹介リンクではないですが、記事読んで良かったよ~と思って下さった方がいらっしゃれば、コチラから登録してくださると嬉しいです。
ワタクシめが5ドル分の有料版が使える、、、らしいリンクです。
(お得なのは私だけで恐縮です、、、汗)
追記:実はメリットありました~♪
関連記事

またまたお久しぶりのけろら~です。(^▽^;) 前々から書きたかった記事、やっと更新いたします。 これまで、Dyanlistに関する記事をいくつか書かせ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)