「タスク管理」というより「習慣化」が大事

タスク

今のダラダラとした生活を変えたい。
やるべき事をサクッとこなして毎日をスッキリ過ごしたい。

という思いから、これまで手帳術だったり、iPhoneでタスク管理アプリ使ったり、
ノート術だったりと色々と試すんですが、
結局はその方法が固定する事はないまま来てました。

方法は変えても、最終的なパターンは、いつも一緒なんですよね。(^▽^;)

ただただやみくもにタスクをリスト化していっていて、、、

それが最優先であればあるほど、後回しにする傾向が大きくて、、、

あー、やらなきゃ、やらなきゃって思いが心に重くのしかってて、、、。

そこでですね、、、。

もうタスク管理なんかやめちゃおう!!

って事にしてみました、、、。( ̄∇ ̄;)

正確には、細かいタスク管理ですが、、、。
これまでの方法を全部とっぱらって、以下の方法を試すことにしました。

「思いついた事をすぐ記録する」をやめる

これまで頭に浮かんだ事をEvernoteやタスク管理アプリに保存してましたが、
これやっちゃうと、どうしてもiPhone触って
ついついダラダラと時間が過ぎてしまったりするんですよね。

それに、すぐやらなきゃいけない大事な事って
メモらなくても頭に残ってるんじゃないかと思ったんですね。
最優先事項は、確実に頭にあるはずなんです。

それを書きだす事自体が、最優先事項を後回しにしてるって事なんじゃないかと。
何をするかをアプリに頼るんじゃなくて、自分の頭で考える事にしました。

完了したらスッキリすると1番思うタスクを考えて実行する

これって確実に最優先のタスクの事なんですよね。
最優先のタスクってのは、後回しにすればするほど、心に重くのしかかってくるので
1番スッキリ感を味わえそうなタスクはどれか?を
ちゃんと自分で考える事も大事だと思いました。

「これを終わらせれば、どんなにスッキリするだろうか、、、。」
と、完了後のスッキリ感を何度も何度も想像する。
「これを終わらせる為の行動をするだけでいい、他の事は何もしなくていい。」
と、何度も何度も呪文のように唱える。
上記2点をとにかく、脳に刷り込ませる事にしました。

習慣力をつける

これまで、私、タスクも習慣もごちゃまぜにとらえてたんです。
例えば、食器を洗うなどの家事もタスクにしたりして、、、。
家事なんかタスクにしたら、そりゃもう、1日中タスクだらけですよ。
リストみるだけでウンザリです。(-。-;)
「行動をタスクにして、習慣化する」という方法で
しっかり管理されてる方々も、もちろん多くいらっしゃると思いますが
私の場合、その方法はすごく心の負担になって苦しくなったので
これだけはやっておきたい家事2、3件のみのタスクとしてたんですね。
でも、それでもダメでしたねー。
どんだけぐうたら主婦なんだって話ですが、、、。(;^_^A アセアセ・・・

でも、気付いたんです。
私は、「やらない習慣がついてる」だけなんだと。
やらない事に馴れちゃってるんです、脳が。

参考記事続かないが消える! 脳科学的に正しい『習慣化』の3つのコツ

上記の記事を読ませていただいて、、、

あー、そっか、私が特別ダメ人間って訳じゃないんだ~!

ホッとしました。
気が楽になりました。

脳ってのは、基本的に面倒臭がり。
そういう風に作られてるんだ。
当たり前なんだから、落ち込んでもしょうがない。
私の脳を鍛えてやる~!

不思議な事に、何だかやる気が出てきました。(笑)

お片付けノートに出会ってから、数ヶ月、、、
こんなシンプルな方法さえできない私って一体何なの?

変わりたい、、、その為にはどうしたらいいの?

ずっと、答えを求めて彷徨ってたような気がします。
そして、やっと答えに辿り着いた、、、そんな思いでいます。

私に必要だったのは、「習慣力をつけること」だったんだと。

まずは、ちっちゃなことから始めてます。
具体的な習慣化については、また次回、記事にしますね♪

コメント