LIFEBOOK購入を機に放置してたWorkflowyを再開したら、その良さがやっとわかった

先日の記事でも書きましたが、LIFEBOOK購入を機にWorkflowyの利用を再開しました。

Workflowyとは?

WorkFlowy is an incredible tool for thinking, writing, planning, organizing. Think like Einstein, and give it a shot.

箇条書きをリスト化して、階層化できて自由に移動させる事ができるアウトラインツールのサービスです。
思考整理、買い物リスト、日記、読書ノート、レシピ、メモ、、、その使い方は工夫次第で何にでもできるツールです。
ユーザ登録すれば、Webでも、デスクトップでも、スマホアプリからもアクセスできます。
私は3年前ほどにユーザ登録して、ある程度トピックを作成したものの、なかなかその良さを実感できずに放置してしまってました。

3年間放置してた理由

頭の中をスッキリさせたくて、使い始めたものの、、、
使い始めはいい感触で、ガンガンにトピックを入力していけてたのに、そこから何も広がって行かなかったんです、その当時は。
思考が止まっているような、、、
その先を考えようとしても何も浮かばない、、、そんな感じでした。
そのうち、考えるのが苦痛になってきたんですよね。(^◇^;)

再開して感じたこと

自分の変化

リスト化した内容について掘り下げる事ができるようになっていた

何か自分の意識が変わったかも。
昔は、考える力もかなり低下してたかもしれないです。

アウトラインが一つというのがしっくりきた。

頭の中にあるものが、全部ここにあるという感覚と
これが私の脳内なんだという感覚がすんなりと理解できるようになってました。

アウトラインで考えられるWorkflowyは、思考ノートとして最高のツール

入力も楽なんですよね、やっぱり。
手書きだと追いつかない時があったり、もどかしく思う事も多くて。
トピックから細分化もしやすいですし、移動も楽々。
どんどん枝葉が分かれても整理しやすいです。
手書きのノートだと書くスペースがなくなってきますからね。
適当に書いていっても、キーワードで検索もできますし、、、。
Workflowyを使い始めた頃に、参考記事を読ませていただく事も多かったのでその快適さを頭ではわかっていたはずなんですけど、どこかで理解できてなかったのかもしれません。

Workflowyの良さがやっとわかってから

これまでになく、頭の中がスッキリしてきた気がします。
今まで、手帳術、タスク管理術、ノート術やらその他メソッド、生活をなんとか変えたいとあれこれ試してきましたが、これまでで最高の手応えを感じてます。
なんで昔は気付けなかったんだろう、、、なんて思いもありますけどね。(-。-;)
思えば、これまで上記のメソッドを中途半端にやってたような気がするんですよね。
全体を見ずに一部をかじってただけのような、、、。
まずは、頭の中の全てを何か一つにまとめて一つ一つを吟味していく事が大事なんだとやっと気付く事ができた感じです。

ただ一つ気になる点

さて、、、
ここまでその良さを語ってきた(つもりの)Workflowyですが、、、
一つだけ難点が、、、。
無料ユーザーだと、月に作成できるトピック数が250と制限されています。
(その月に作成したトピックを削除すれば、その分復活します。)
有料ユーザーになると、無制限になります。
慣れないうちは、それほど気にならないと思うのですが、アウトラインで考える事が常になるとそのうち足りなくなるんじゃないかなぁという制限数です。
ただ無料ユーザーでも、紹介リンクからどなたかに登録してもらえるとトピック数が250増えます。
紹介リンクから登録した方も250増えますので、500トピックから始める事ができます。
ちなみに私も、紹介リンクからも登録させていただきました。(^^)
↓が、私の紹介リンクです。
Workflowyに紹介リンクから登録する

500あれば十分かなぁ、、、なんて思ってましたが、毎日何かしらトピック追加してる今日この頃、、、。
なんだか足りなくなりそうな予感がします。(-。-;)
工夫して無料ユーザーを押し通すか、、、
思いっきり使い倒せる有料ユーザーに変更するか、、、迷いどころです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)