エディター併用で新規投稿をブロックエディターで開く設定

今更のその設定…?な話ですが…

すっかり旧エディターよりGutenbergのブロックエディターが使いやすい派になってしまったワタクシなんですが…未だに「投稿>新規追加」でクラシックエディターが開いてしまうのが気になってました。

旧エディターとGutenbergの併用設定した時に、「投稿設定」をいじってみたんですが、新規投稿は「クラシックエディター」のまま。
どうしたら「新規投稿」をブロックエディターにできるのかと気になりつつも、いずれ、併用はやめることになるわけだし、「まっ、いっか…」と放置してました。(^▽^;)

それが、偶然、解決方法が見つかったんですよね。
ってか…もしかしてコレ、Gutenbergの常識だったかもしれない。(-。-;)

投稿設定じゃなかった

WordPress管理>設定>投稿設定

上記画面のすべてのユーザーのデフォルトエディターで、「ブロックエディター」を選択すると新規追加でブロックエディターになると思い、設定したものの、開いたのは「クラシックエディター」でした。

投稿設定

プロフィール設定だった

WordPress管理>ユーザー>あなたのプロフィール

あるいは、

WordPress管理>画面右上部>「こんにちは、○○さん」をオンマウス>プロフィールを編集

プロフィールの項目「エディター」から設定します。

プロフィール設定

プロフィール→エディター→ブロックエディター

上記の設定をすることで、投稿から新規追加でブロックエディターが開きます。

投稿設定は、他にユーザーがいる場合の設定ってことになるんですね~。
自分一人で記事を書いてる人には関係ない設定だったと思われます。(T▽T)アハハ!

今頃、気付くワタシ…(-。-;)

で…先の記事も書き直してみました。

最後に

これ多分、Gutenbergの使い方とかに書かれてあったのかもしれません。(^▽^;)
そんな設定が難しくなかったので、 参考記事とか読ませていただいた時におそらく読み飛ばしてしまったのかも。

もしかしたら、誰でも知っているGutenbergの常識かもしれませんが、とりあえず、記事にしてみました。
でも、今のうちに気付けてよかった。
気付かなかったら、旧エディターが廃止になるまで、新規追加をクラシックエディターのままの状態で使う羽目になったのかもしれない。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

それでは、また♪けろら~でした!!

コメント