Gutenberg:ブロックエディター、Markdown記法に対応してたのね~!!

やっぱり、Gutenbergはすごい!

直感的に使えてしまうGutenberg:ブロックエディター。
どうしても気になった点は、ググって調べたりしてますけど、
基本、「習うより慣れよ」で記事書きながら操作を覚えているところがあります。


そんな予備知識をあまり持たないワタシがひょんな事で気付いたのが…

ブロックエディターはMarkdown記法で記事が書ける

ことでした。

いや、周知の事実かも知れないですけど、知らなかったワタシにとっては結構衝撃で…。(^▽^;)
それも操作上で偶然わかったんで、余計に驚いたんですよ。

予備知識もないのに何故気付いたかって言うと…

ワタシ、Dynalistで下書きを書く時に見出しとするアイテムに「##」とが「###」とMarkdownの記述しておくんですね。

で…最初それを「Inport→Export→Praintext→No indentation」の形式でコピーし、「プレーンテキスト(Shift+Ctrl+V)」でブロックエディターに貼り付けて、冒頭に「##」とが「###」が付いている箇所は、見出しブロックに変換する予定でいたんですよ。

DynalistのExportの設定は、↓こんな感じ。

Dynalist-Export

で…実際貼り付けてみたら…
手動で変換しなくても、貼り付けた時点で見出しブロックに変換されてたんです!

え~っ?

ブロックエディターだとMarkdownで記事書けるんだ!!

知らなかった~!!

いや~、なんか、ますます「Dynalist下書き→ブロックエディターで仕上げ」の流れが捗りそうです♪

短い記事になりますが、どうしても今すぐ誰かにこの衝撃とブロックエディターってやっぱりすごいな~って気持ちを伝えたくて書いちゃいました。(^▽^;)

それでは、また♪けろら~でした!!

コメント