「Simplicity2」→「Cocoon」テーマ変更しました♪

Googleアドセンスの広告が表示されない!仕様変更?カバレッジってなんだ?

自分のブログを読み返してみると…
ちょこちょこ、そんなに稼がなくていいんです…的な事書いてるのに…
Googleアドセンスの自動広告を導入とかしたりして…
モバイル表示の自分のブログで前より広告が増えてるのを見ると…

言ってる事とやってる事違わね?

自己ツッコミしてはいるんですが…。(-。-;)

ただ、最近、広告が気になったのには理由があります。

カバレッジが下がった

Googleアドセンスの広告を貼るようになって…まぁ、3年以上経つわけですが…収益なんて微々たるもので、好きな事を書いて、ちょこっと小遣い稼ぎができたらいいなぁなどと戯言ばかり呟く傾向のあるけろら~なんですけども。

ページ数や表示数、クリック率はなんとくわかりますが、CTR、ページPRM、インプレッション収益、カバレッジ…なんじゃこりゃと思いつつ、必死に勉強するわけでなく…。

以前まで、いつも大体100%だったので「よくわからないけど、まっ、いっか…」そんな感じで過ごしてました。

ところがです…

これまでほぼ100%だったはずの「カバレッジ」が上がったり下がったり…。

あれ?カバレッジってこんなに上がったり、下がったりするもんなの?

今更ながら、「カバレッジってなんだ?」と気になり始めたんです。ホント、今更…( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

そんな私の疑問を全て解消くれたのが、以下の記事です。
参考記事

アドセンス(AdSense)が表示されない原因がアドセンスの仕様変更だった - セブンおやじ

カバレッジとは?

めっちゃ簡単に言いますと…
表示されたページで広告が表示されたかどうかの割合です。

えっ?広告って必ず表示されるってものじゃなかったの?

これまでは、そうだったみたいです。
なるほど…だから、うちのブログも100%だった。
それが、Googleアドセンス様の方で仕様変更になったとのこと。
最近だと、うちのブログは50%いかない事もあります。

カバレッジが下がる理由

  • アクセスがない(古い記事、新しい記事問わず)
  • 長い期間、記事の更新をしていない

簡単に言うと、「クローラーが巡回しない記事には、広告配信はしないよ」ということらしいです。

そりゃ、うちのブログ、下がるわ…(T▽T)アハハ!

カバレッジが下がる事の影響は?

今のところ、カバレッジが下がったからと言って、ペナルティーなどはないようです。
ただ、これって数字を見れば…

  • 記事を放置してる。
  • アクセスがない記事の割合が高い。

ってな目安になるってことなんですね~。

なので…

「のんびりやってんじゃないよ、もっと稼げるブログにしなさいよ」と…遠回しにプレッシャーかけてきてるのかしら、Googleアドセンス様は。

と思ってしまいました。(-。-;)

対策は?

  • 古い記事を更新する。
  • アクセスがないページは、まとめるか削除する。

うちのような底辺ブログだと、収益はほぼ無いに等しいので、影響はほとんどないでしょうが、継続的な収益があって記事数が多いブログ様が対策するとなると、かなり手間がかかる作業になりますよね~。

対策は必要か?

今のところペナルティーなどはないようなので、うちのような底辺ブログであれば、数字を気にしなければいい…というのも、一つの選択かなとは思います。

ただ、広告が表示されないとその部分が真っ白な余白になってしまうので、やっぱり、みっともないというか何というか…。

知らない人が見ると、「なんでここにこんな余白が?」と不自然に思うでしょうし…

アドセンスやってる人には、その不自然な余白が「広告が表示されていないんだな、このページ」とモロバレになるかと思います。(-。-;)

なので、あまり稼ぐ為の努力をしてこなかったワタクシめも珍しく、一応、記事の見直しをして、ほとんどアクセスがなかったり、関連広告が出せないような内容の記事は、広告を表示させないカテゴリーに移動させる対策を始めてます。

利用中のWordpressテーマ「Cocoon」では、広告を表示させないカテゴリーを手軽に設定できるので、ありがたいです。

あと、どうでもいい記事とかもこれを機会にちょこちょこ削除してたりします。

今、どんどん、記事が減ってます、このブログ。(-。-;)

カバレッジの意味を知って、気付いた事

収益が発生しないのは、当たり前という事実

ほとんどアクセスがなかったり、関連広告が出せないような内容の記事で広告を表示させないカテゴリーに移動させた記事数が思いのほか、多かったんですよね。

関連の広告が表示される記事であること=収益化

見直ししてみたら、うちのブログには、収益化できそうな記事が、100記事もなくってですね。

稼げないのは当たり前なんだな…わかっていたつもりでわかっていなかった事に改めて気付いた気がします。

収益化出来る記事とそうでない記事の違い

私はこれまで、その違いをあまり考えてこなかったんですよね。

一緒くたに考えて、収益化できそうもない記事で収益とか考えるから、ブログ書くのが億劫になるんだなという事にも気付きました。

収益化できるものは、ブラッシュアップしてより良い記事に仕上げていけばいい。
そうでないものは、気楽に思いのまま楽しく書けばいい。

記事を分けて考える事で、気が楽になったというか…。
収益化出来る記事とそうでない記事の違いに気付けたおかげで、これまであまり定まってなかったこのブログの方向性がちょっと見えてきた気がしてます。

あとがき

これまで、サーバー代くらい稼げたらいいな…という非常にアバウトな考え方できてました。
のらりくらりと、ただ「あわよくば」的な事ばかり考えてきてました。

でも、カバレッジの意味を調べて、広告の事を少し考えるようになったら、目標を持って進む事でブログをもっと楽しめるような気がしてきたんですよね。

何事も目標が定まらない事には、行動には結びつかない。
目標に向かって、行動する事から楽しみが生まれる。

またまた当たり前過ぎる事に今更気付いたわけで…。(-。-;)

目標は…低いですけどね…。( -_-)フッ

月1000円」です。
そこまでどんだけ長くかかるのか…乞うご期待。(苦笑)

コメント