ワタシが「Money Forward」から「Zaim」に乗り換えたワケ

これまで何度か紙の家計簿、家計簿アプリを試してきましたけど、1年近くちゃんと続いたのは、「Money Forward」が初めてです。

続いたのは、できるだけクレジットカードや電子マネーで支払いで自動記帳、ちょっと放置しても、それほど大きさな金額差が出なかったおかげです。

何に使ったかわからない金額が大きいとやる気がどんどん下がってくるので、以前はいつのまにやめてた…と言うことが多かったんですよね。

「Money Forward」以前に「Zaim」を使っていた時期もあるのですが、自動で記帳すると言う点では、「Money Forward」の方が使いやすいです。

マメに記帳が出来ずに家計簿をほったらかしてしまうワタシにとって、自動記帳がスムーズな「Money Forward」は、続けられる家計簿アプリでした。

現状の家計管理への疑問

自分が毎月どのくらいお金を使っているのか…。
把握はできるようになりました。

でも、ただそれだけ。

ワタシは、ただ家計簿をつけてただけなんですよね。

せっかく「Money Forward」がちゃんと記帳してくれているのに…。
そのデータを見ても、何もせずにただ見ているだけ。

何のために家計簿つけてんだよ…

このままじゃ、ダメだ…と家計管理の見直しをすることに。

問題点は?

「Money Forward」での記帳を続けていて、ずっと気になっていた点は…

クレジット払いや電子マネーで支払っていると、抑止力が効かなかったことです。
これは、「Money Forward」のせいじゃなくて、完璧にワタシの性分のせいですけどね。(-“-;A …アセアセ

予算は組むんだけど…「今月、あといくら使える」って意識が薄れていました。
カード払いだと、お金を使った感覚がないんですよね。

また、クレジットカードだと反映が数日後なので、感覚もズレて、アプリに反映されてから、焦ってました。

元々どんぶり勘定で、予算を超えそうなのに「ちょっとだけならいいかな?」とか「来月節約すればいいじゃん?」とか歯止めが効かない性分なんで…。

そういうヤツには、カード払いは向かない…。
って、今頃気付く?って感じですけどね。(T▽T)アハハ!

根本を見直してみた

キャッシュレスじゃなくて、現金管理に変更

ワタシみたいに抑止力が無いヤツには、やっぱり現金。
1ヶ月で使える予算を手元に置いて、管理することにしました。

1行家計簿を家計簿アプリに置き換える

1行家計簿は、ノートに1行ずつ記帳するだけでいい非常にシンプルな家計簿です。
本来はノートに記帳していくんですが、1行家計簿の費目を家計簿アプリで管理することにしました。

見直した家計管理に合うアプリは?

1年近く愛用してきた家計簿アプリ、「Money Forward」。

家計簿マネーフォワード ME
ファイナンス, ユーティリティ無料iOSユニバーサル
Screenshots

でも、やりたい事を実践するには難しい…。
そこで久しぶりに再び「Zaim」と乗り換えることにしました。

家計簿Zaim
ファイナンス, ライフスタイル無料iOSユニバーサル
Screenshots

「Money Forward」をやめた理由

現金管理メインだと手入力がつらい

現金管理を続けて行く上での一番の肝は、「入力のしやすさ」です。
記帳が面倒だと家計簿および家計簿アプリは続きません。>ずぼらはね

「Money Forward」は、自動記帳するには最強のアプリだと思います。
なんか、スムーズなんですよね、「Zaim」に比べて。

ただ、手入力操作がワタシには、合わなかった

これは、前々から感じていたことですが、可能な限りカードや電子マネーにしていたので、気にしないようにしてたんですよ。

でも、現金管理に変えようと思った時、もう見過ごせなかった。

また、よく使う項目をテンプレートとして登録する機能が、なぜかなくなっちゃったんです。
その代わり「コピー機能」を追加しましたとのことでしたが、ワタシには使いづらくて…。

有料版がもったいなさ過ぎた

「Money Forward」の無料版って、結構広告が邪魔くさいんですよね。
で…有料版にすると、様々な分析が行えるようになります。

広告が嫌で有料版にしてましたが、使いこなせていなかった自分には無用の長物で、もったいなかったです。

月額480円」も微妙に負担。でも、家計を見直せるならと、投資していたつもりでしたが、投資を自分に還元できるほどの器では無かったということです。(T▽T)アハハ!

「Zaim」を選んだ理由

手動入力が楽

入力方法は、3つ。

  • レシート
  • 手入力
  • よく使う

Zaim:「記録」画面
Zaim

日付の変更、カテゴリーの変更などの操作が「Money Forward」より入力がしやすいです。

年ごと、月ごと、週ごとに管理ができる

それぞれの期間で支出を確認できるので、自分がどのくらいお金を使っているのかが把握しやすいです。
Zaim:「分析」画面

やりくりしたい費目だけの管理がしやすい

会計ごとに「常に集計に含める」「月ごと・年ごとのみ集計に含める」「年ごとのみ集計に含める」「常に修正に含めない」の設定ができます。

Zaim:「履歴の詳細」画面

この機能を活用することで、全体の管理もしながら、やりくりしたい費目だけをピックアップ管理することも可能です。

たとえば、月10万以内でやりくりすると決めて、やりくり費目の会計のみ「常に集計を含める」で記帳します。
その他は年ごとに。

そうすると、以下の画像のようにその「10万以内」であといくら使えるか確認ができます。
「残り」の箇所に表示されている金額が「あといくら使える」になります。

Zaim:「ホーム」画面
Zaimアプリ画面

ScanSnapと連携できる

Evernoteに紙類を保存して、ペーパーレスを目指すために数年前に購入したScanSnap ix100。

富士通 スキャナー ScanSnap FI-IX100A
富士通
邪魔にならないコンパクトサイズで、手軽にペーパーレス。A4までスキャンできます。

ペーパーレスは、全然進んでませんけど…ここに来てやっと出番を作ることができました。
特に長~いレシートの時は、撮り直しのストレスがないので、超楽です♪

ScanSnap Cloudと連携してくれたらもっと嬉しいんですけど。
技術的な問題で難しいんですかね~。

ScanSnap Cloud
ユーティリティ, 仕事効率化無料iOSユニバーサル

Zaimで、連携するには、ScanSnap Connect Application-Jのアプリが必要です。

ScanSnap Connect Application-J
ユーティリティ, 仕事効率化無料iOSユニバーサル

Zaimの方が、有料版が安い

月額360円
「Money Forward」より広告はうるさくないです。
無料版でも基本的な機能はほぼ使えるので、無料版で全然いいんじゃないかと思います。
ワタシは、広告を消したいのとScanSnapでのレシートを一度にまとめてスキャンできるので、有料版にしてます。

有料版のみ使える機能

  • アプリ
    • 残高グラフ
    • 複数アカウント
    • スタンプ省略
    • 広告費表示
  • コンテンツ
    • 地域の給付金検索
    • 医療費控除※1
  • 金融連携
    • 優先更新
    • 手動更新

※1・・・パソコンからのみの利用

無料版では制限されるけど、有料版では制限なく使える機能

  • データの表示
    • 手入力
    • レシート入力
    • 金融連携入力
  • データの入出力
    • ダウンロード
    • Scansnap※2

※2・・・無料は、レシート1枚ずつ、有料だと複数レシートを処理できる。

どちらかが優れているというわけではない

「Money Forward」と「Zaim」。
どちらも使ってみて思うのは…どちらも優秀アプリ。

ただ、自分の家計管理に合うのはどれなのか…それだけの違いなんですよね。
ざっくりとそれぞれの向いてる人を述べるなら…

「Money Forward」
  • 可能な限りキャッシュレスを目指している人
  • 細かく分析がしたい人
  • 分析データを活用できる人
  • 証券含む全資産をアプリで把握したい人
「Zaim」
  • キャッシュレスより現金管理がいい人
  • 分析はシンプルでもいい人
  • 分析というより、ざっくり管理したい人
  • 証券とか興味が無い人

ってところですかね。

最後に

どなたかの…参考にでもなればと記事にしてみたんですけど…
読み返してみると、大して役に立つような内容じゃね~なぁ・・……(-。-) ボソッ
なんて感じてます。(T▽T)アハハ!
こんな記事ですけど、最後まで読んで下さってありがとうございます!!
それでは、また!!けろら~でした。(^^)