Dynalist~見出しや背景色をつけて見やすくする~

先日の記事で、ユーザーさんが少ないのかな~なんて書きましたが、考えてみたらただ単に日本語で記事にされてる方がWorkflowyに比べて少ないだけ、、、?

或いは、、、
多機能な分、あれこれカスタマイズしなくても使えるし、使い方に戸惑う事もないから記事が少ない、、、のかもしれません。

使えば使うほど、その魅力にハマり、ひたすらDynalistを活用中のけろら~です。(*´∇`*)

使い始めは、できるだけシンプルに使おうと見た目の装飾とか特に使っていなかったのですが、トピック数が増えてきた今日この頃、、、。

背景色をつけてみたら、、、かなり見やすくなりました!!
↓見出し、背景色のフォーマットはこんな感じです。

見出しと背景色の併用も可能です。
色具合も私の好みにピッタリなのが嬉しいポイントです♪

見出しや背景色を入れる事によって、見やすくなって、手書きノートに近い感覚で使える感じですねー。

ノートと言えば、、、
Dynalistは、「情報は1冊のノートにまとめなさい」、「Bullet Journal(バレットジャーナル)」の手法のデジタル版みたいな使い方できそうですね。

情報は1冊のノートにまとめなさい
頭の中にある事は、すべてノート一冊にまとめるノート術。
とにかく何でも時系列に書き込んでいく、、、という感じ?

おすすめの参考記事

Bullet Journal(バレットジャーナル)
こちらも何でも一つにまとめちゃおう系。
もちっとおしゃれに書こうって感じでしょうか。
(基本的にはシンプルですが、利用されてる方のアレンジがすごい!!)

Bullet Journalの「Key」と呼ばれるアイコンをDynalistのタグや背景色に置き換えて使うとか、、、。

おすすめの参考記事

バレット・ジャーナル/ブレット・ジャーナル(まだ呼称が一定していませんが)のことを、「手間のかかる手帳術」と認識しているひとが増えてきた印象なので、まずはこれまでの流れを整理してみたいと思います。

手書きの良さはやっぱり、自由度の高さ、、、ですよね。

デジタルのアウトラインツールに手書きのような自由さはないですが、、、

全部一つにまとめられて、、、
検索できて、、、
タグや背景色でわかりやすくまとめられるし、、、(有料ユーザーだと画像も貼れるし、、、)
タスク化も、ナンバリング化も簡単にできる。

Dynalist、、、すごくないっすか?
あぁ、、、このまま行くと有料ユーザーになってしまいそうな勢いの私です。(^▽^;)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)