「Simplicity2」→「Cocoon」テーマ変更しました♪

【Dynalist】ユーザーさんには必須?スマホからの入力が捗るおすすめアプリ♪

スポンサーリンク

な~んとなんと!Dynalistの拡張アプリがでてました!(iOS版・Android版対応)

Dynawrite
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル
Screenshots

Dynawrite公開しました。
Dynalistへのテキスト入力に特化したメモアプリDynawriteを公開しました。 Dynawriteは、ぱっと立ち上げ、さっとメモを書い

(ってか…今年の1月にリリースされてたんですね…気付かなかった…汗)

いや、うれし〜♪
Dynalist自体の編集もできるし、これは素晴らしい。

で…見覚えのある雰囲気のアプリアイコンだなと思っていたら、なんとWorkflowyの拡張アプリ「MemoFlowy」の作成者、Michinari YAMAMOTOさんのアプリでした!!

Workflowyの拡張アプリは、「MemoFlowy」と「HandFlowy」と2種類あるんですが、ワタクシ、どちらも有料版を購入してました。

例のごとく使いこなせないまま、Workflowyを使わなくなってしまったため、私個人としての使用感は語れませんが、Workflowyユーザーさんが絶賛されてる記事を度々見かけてました。

「Dynawrite」は、「Memoflowly」のDynalist版です。

Dynalistの拡張アプリ「Dynawrite」

どんなアプリ?

アウトラインツール「Dynalist」専用のメモ入力アプリです。
起動後すぐに、メモ入力画面が立ち上がるので、ササッと入力、ササッとDynalistに送信できます。もちろん、Dynalist画面に切り替えて、入力、編集も可能。

ざっくりと便利なところを紹介

  • テンプレートでらくらく入力♪
  • 自動で日時の入力も可能♪
  • よく使う語句の登録ができる♪
  • 入力画面で、スワイプしてカーソル移動可能♪
  • メニューバーをスワイプで、メモ画面からDynalist画面に切り替え♪
  • urlスキームがあります♪(dynawrite://)

アプリの使い方

公式の説明がめっちゃわかりやすいので、リンクだけ貼らせていただきます。

Dynawrite公開しました。
Dynalistへのテキスト入力に特化したメモアプリDynawriteを公開しました。 Dynawriteは、ぱっと立ち上げ、さっとメモを書い

(゜∇゜ ;)エッ!?怠慢…?
いえいえ、言い訳のようですが、公式のアプリ説明のページが非常にわかりやすいわけで…。
私のグダグダな説明を聞くよりも、公式の使い方を読む方が絶対に効率的なんです、ハイ。(-。-;)

これではあまりに他力本願ということで、一つ加えさせていただくとしたら…役に立たないかもしれない大ボケ話を一つ。

ログイン画面でつまづいた話

Dynawriteをインストール後、最初の起動画面でDynalistへのログイン画面が表示されます。
その画面で、Google認証もできるような画面にはなっていますが、作成者の方によると、DynawriteではGoogle認証でのログインはできないとのことです。

残念ながらGoogle認証ではDynawriteは利用できませんのでメールアドレスとパスワードを使ってログインして下さい。

なので、Google認証のみでログインしている場合は、パスワードの再設定が必要になります。
で…Dynawrite公式の基本的な使い方に、「Dynalistのヘルプ」へのリンクを貼ってくださってるんですよね。

なので、Google認証のみで利用していた私は、そのヘルプページの「resetting your password」のリンクをクリックしたわけです…。

すると、自分のDynalistの画面が表示されるんですよ。
あれ?リセット画面が表示されるんじゃないの?と戸惑うσ(-_-)ワタシ…

ここでですね…賢明な方なら、すぐ気付くと思うんですよね。
えぇ…そこのアナタ…もうお気付きじゃないですか?( -_-)フッ

でも、気付かないおバカな私は、リセットってDynalistの設定画面のアカウントから、パスワードを変更するってことなのかなと、Dynalistの設定のパスワード変更画面から、Googleのログインパスワードを入力して、新しいパスワード設定を試してみました。

ダメでした…。(゜口゜;)うっ・・・・・

そう、しつこいですけど、賢明な方ならお気づきでしょう。

当たり前なのですよ。
Dynalistのパスワードなんだから、Googleのパスワードなんて関係ないんですよ!!

でも、その時の私は、他に何にも思いつかない…。どうしたらいいいの~。
「パスワードのリセットはここだよ」のページのアドレスを見ると、「https://dynalist.io.forgot」だし、ここで間違いないはずなのに?

う~ん…う~ん…う~ん…(´ヘ`;) う~ん・・・悩んで固まる事、十数分…。

Σ(・o・;) ハッ!

そっか…。いったんDynalistからログアウトしてからリセットページに行かなきゃいけないんだ!!

“く(“”0″”)>気付くの遅すぎ~!!”

ってことで、一旦、Dynalistからログアウトしたら、リセットページにアクセスできました。

何やってんでしょうね…。
余計な時間を費やしてしまった…。(T▽T)アハハ!

更にしつこいですが…

賢明な方ならすぐ気付くであろう私の大ボケ。でも…もし…もしもですよ。
もし万が一、「リセットページが表示されないんですけど…」と、私と同じような大ボケをかます方がいらっしゃったら、参考にしてくださいませ。

い、いないか…( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

一つ気になる点

Dynawriteは、下に固定バーが表示されています。
メモ入力画面では気になりませんが、Dynalist画面では、若干邪魔です。

Dynawriteのすごい所は、そういうところも考慮して、下部のメニューを一つのアイコンにまとめる設定ができます。

設定>Dynalist画面>機能選択方法
ボタンツールバーを右(or左)フローティングに変更

なので、入力している画面が広くなって見やすくなるんです。
ただ、それでも、Dynalist自体のツールバーと入力時にかぶってしまってるんですね。

最初はかぶらないんですけど、入力を続けてカーソルが下に移動していくと、どうしてもかぶってしまうんですよ。
Dynawite公式の使い方のページで、Androidではかぶるけど、iOSではかぶらないと説明あったのですが、現状私の画面はこんな感じです。

なんでだろうな。私の環境ですかね。
でも、多分、これもいずれ直るかなとは思ってますが。

待ち遠しいアップデート

気になる点を書かせていただきましたが、今後もアップデートを重ねていかれるアプリだと思うので、もっともっと使いやすくなっていくんだろうなと思います。
アップデートでマルチ送信も予定されているとのこと。任意のアイテムを選んで送信できたら、最強ですよね。

マルチ送信
特定のアイテムの下に日付ごとのアイテムを作ってその下に書き込みができる機能。日記やライフログを入力しやすい。(MemoFlowyには実装されてますが、Dynalistにはまだないです。)

Dynalistの公式アプリも、使いやすい方だと思いますが、Dynawriteは、入力に特化した拡張アプリなので、スマホ使いのDynalistユーザーには、必須のアプリになるんじゃないでしょうか。

無料版でも、基本的な機能は使えるんですけど、作成者様への感謝も込めて、有料版にしました♪
MemoflowyとHandflowyもどっちも有料版でしたが、全然使いこなせていなかったので、Dynawriteは、使いこなしたいです。(^▽^;)

Dynalist+Dynawriteで、実践してみたい事

最近、Dynalistを開くのはもっぱらブログを書く時ぐらいだったんですが、これを機会に、また、メインで使っていこうかなと思ってます。
以下の方法で、Dynalistを活用してみようと思います。

4つのメソッドを参考に、Dynalistに記録する

それぞれのいいとこ取りを予定しています♪

情報は一冊のノートにまとめなさい

タスク、アイデア、やりたいこと、日記的なこと全てをDynalistに集約する。

バレットジャーナル

バレットジャーナルの特徴「Key」を#、@のタグに割り当てる。

  • #□
  • #○
  • #!
  • #?
  • @○予定
  • @△人と会う予定
  • @100年日記のテンプレ
  • @3年日記のテンプレ

ひとまず、今は、こんな感じでしょうか。
あまり増やすと、わかりづらくなるので、あまり増やさないように管理する予定。

夢を叶える100年日記

マンスリーシートに書く「その日の記録」を取り入れる。

  • 今日一番重要な事
  • 体調
  • 感謝、前進、幸せ、ほめ、学び

※#、@のタグを付ける。(Dynawriteに語句登録。)

3分間日記

1日3分の5つ書く事を取り入れる。

  • 目標
  • やりたい事
  • 今日の出来事
  • 今日の感謝
  • 成功法則・学びの法則

※#、@のタグを付ける。(Dynawriteに語句登録。)

面倒くさくならないルールを作る

  • Dynawriteで、今日の日付のテンプレートで入力する。
  • 今日の日付のアイテムにその日思いついた事を全て、集約。
  • 入力した内容をすぐに仕分けしない。

これまで、アナログでもデジタルでも、書き出したものに、それがタスクなのか、アイデアなのか…どのカテゴリーなのか、優先するのはどれか…などをすぐに仕分けしようとする癖があったんですよね~。それをすると、迷う時間が出てきます。その迷う時間ができてしまう事が、「面倒くさい」という意識を生んでるんでしょうね。

面倒くさい=続かない」なので、面倒くさくならないようにルールは日々ブラッシュアップしていく予定。

Dynalistにすべてを集約する目的

頭を空っぽにすること。

私はもう何年も、「あれも、これもやらなきゃ。でも、何から手を付ければいいの~。」という気持ちを持ち続けていて、タスク管理術や手帳術、ノート術をあれこれ試してきましたが、挫折ばかりを繰り返しているので、いまだに「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。」という思いから脱する事が出来ていません。

タスク管理術にしても、手帳術、ノート術にしても、頭の中にあるものを全てそのツールにゆだねるからこそ、頭の中を整理できて、管理ができて、物事を上手く回していけるんですよね。

で…大事な事はそのツールの中にあるという安心感があるから、普段余計な事を考えずに、いつも頭の中がスッキリしてるという状況になるんだと思うんです。

これまでの私は、どうしてもそれができなかったんですよね。
なので、Dynalist+Dynawriteの活用で、まずは、頭の中を空っぽにしてみます。
前にもWorkflowyでチャレンジして挫折してますけど、今回は、上手くいきそうな予感がしてるんですよね。(^▽^;)

やっぱり私は、WorkflowyよりDynalist派

先にも書きましたが、Workflowyを利用している時、MemoflowyとHandflowyをインストールして、何とか使いこなそうとしてたんですけど…どうしても、続かなかったんですよね、アウトラインツール。

だけど、Dynalistに出会ってからは、アウトラインツールってできるヤツなんだなぁとその良さをやっと実感できました。

Dynalistでは出来ないけど、Workflowyでは出来るって事もあるようですが、私はやっぱりDynalistの方が使いやすいし、見た目も使い勝手も好みなんですよね。

そんな私のDynalist紹介リンクはコチラ

紹介リンクからじゃなくてもいいので、Dynalistが気になった方は、以下から、ぜひお試し下さいね♪

Home - Dynalist

更に…Dynalistユーザーになったら、スマホからの入力が捗るおすすめアプリ「Dynawrite」もぜひ試してみて下さいね♪

Dynawrite
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル

コメント