【Dynawrite】Dynalistユーザーさんには必須?スマホからの入力が捗るおすすめアプリ♪

これで、スマホメモは完璧?

Dynalistのスマホ拡張アプリ出ると嬉しいな~と思ってたところ…

な~んとなんと!拡張アプリが出てました!(iOS版・Android版対応

Dynawrite
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル
Screenshots

いや、うれし〜♪
Dynalistへアプリ内から移動できるし、Dynalistユーザーにとっては、大ニュースですよ!!

で…見覚えのある雰囲気のアプリアイコンだなと思っていたら、なんとWorkflowyの拡張アプリ「MemoFlowy」「HandFlowy」の作成者、ichinari YAMAMOTOさんのアプリでした!!

「MemoFlowy」と「HandFlowy」は、アウトラインツール「Workflowy」の拡張アプリです。
どちらも有料版まで購入してたワタクシですが、例のごとく使いこなせないままでしたが、Workflowyユーザーさんが絶賛されてる記事を度々見かけてました。

「Dynawrite」は、「Memoflowly」のDynalist版とのことなので、おそらく秀逸なアプリ…ということで、間違いないでしょう。(⌒^⌒)b うん

Dynalist拡張アプリ「Dynawrite」

アウトラインツール「Dynalist」専用のメモ入力アプリです。
「Dynalist」へメモを送るだけでなく、Dynalist自体を編集可能です。

ざっくりとポイントを挙げると…

  • テンプレートでらくらく入力♪
  • 自動で日時の入力も可能♪
  • よく使う語句の登録ができる♪
  • 入力画面で、スワイプしてカーソル移動可能♪
  • メニューバーをスワイプで、メモ画面からDynalist画面に切り替え♪
  • urlスキームに対応(基本スキーム- dynawrite://)
  • 有料版(¥480)もあるけど、無料版でも機能充分

こんな感じ…。

アプリの基本的な使い方については、公式のマニュアルに丁寧でわかりやすいので、公式にてご確認いただければと…。(手抜きですいません。)

当記事ではどんなアプリかをいくつかピックアップして、まとめていきたいと思います。

インストール後、Dynalstへのログインが必要

Dynawrite
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル

アプリの利用には、Dynalistにログインする必要があります。

ログインする時の注意点

最初の起動画面でDynalistへのログイン画面が表示されます。

その画面で、Google認証もできるような画面にはなってはいますが、(公式にも記載ありますが)Dynawriteからは、Google認証でのログインはできません。

残念ながらGoogle認証ではDynawriteは利用できませんのでメールアドレスとパスワードを使ってログインして下さい。

Dynawrite公開しました

Dynalistにメールアドレスとパスワード設定して登録した覚えはある方は、そのアドレスとパスワードでログインできます。
Dynalistでメールアドレスとパスワードを設定せず、Google認証のみでログインしていた場合は、パスワードの設定が必要になります。(Dynalist>Help>Set a password after signed up with Google

Dynalistにログインしている場合、いったんログアウトしないとパスワード再設定の画面にいけません。

ログアウトしておかないと、自分のDynalist画面になるだけです。
(これワタシ、気付くのに時間かかりましたけど、そんなんワタシだけ?)

DynawriteからDynalistへの切り替え

ボタン一つで、Dynalistへ切り替え可能。
Dynalist公式アプリでできる操作も可能で、公式アプリより使いやすいかも。(^^)

基本メニュー画面

ワタシは、 「@」タグ+日時でテンプレートを設定しています。

テンプレート編集画面

「@」タグ+日時でテンプレートを設定しています。

URLスキームも多彩

ほぼMemoflowyのURLスキームと同じ物が実装されているようです。
以下、公式バージョンアップのお知らせに、DynawriteのURLスキームへのリンクがあります。

以前は、メモ系やlauncher系アプリでURLスキームを利用してたんですけど、最近とんとご無沙汰で…。
便利な使い方とかのご紹介はできなくて、恐縮です。

Dynalistへの送信先の任意に設定

Dynawrite画面メニュー設定Dynalist inbox送信Dynalist Inbox送信の設定

上記にて、送信先の設定が可能です。
Dynalist Dveloperで、API Secret tokenの取得が必要。

やっぱり私は、WorkflowyよりDynalist派

Workflowyの時は、MemoflowyHandflowyも、全然使いこなせませんでした。
でも、Dynawriteの方は、今後もずっと使っていけるような気がします。
ってのも、Workflowyより、Dynalistの方を活用できてるから当たり前なんですけどね~。(^▽^;)

Dynalistでは出来ないけど、Workflowyでは出来るって事もあるようですが、私はやっぱりDynalistの方が使いやすいし、見た目も使い勝手も好み。
こういうのも相性っていうんでしょうか。

また、Dynalwriteを使う事で、より活用度が上がりそうです。

最後に

Dynalistへの登録がまだの方…よろしければPro版が1ヶ月利用できる以下のリンクをご利用ください。

紹介リンクからじゃなくてもいいので、Dynalistが気になった方は、以下から、ぜひお試し下さい♪

Dynawrite
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル
Dynalist
仕事効率化無料iOSユニバーサル

それでは、また♪けろら~でした!!

コメント